忍者ブログ

ブツブツと叫ぶのだ

ワンコの太郎と嫁1娘1と暮らすお父さん。 ひっそりと叫びたいので、晒しはご勘弁。 誰にも見られていないからこそ叫ぶことができるんだ。 ドッグフードについてくどくど語るも、モラルと知識に欠ける筆者。 てきとーな知識で語ってますので、まずは、記事に疑問を持って調べてみましょう。 ブログなので仕様変更による過去記事の修正は原則行っていません。当初と意見が変わったなんてこともありますので宜しくです。

   
カテゴリー「ドッグフード」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DL-メチオニンの添加と目的

ストルバイト結石(リン酸マグネシウム結石)の対策は結構簡単らしいです。
単純に石になるミネラルのリンとマグネシウムを減らすのが言われていますが、
弱酸性の尿が出れば溶けるらしいので、尿phを弱酸性にすればよいのです。

肉増やせばよいのですが、コストもかかるし
コストを最小限に肉を増やすことは、肉粉の増量がよいのですが
これは、リン・カルシウム(灰分)がどうしても増えてしまいます。
それを避けようとすると、結局割高な低灰分の肉粉になって悩むところのようです。

で、肉を増やさず、尿phを弱酸性に持っていくには、
その効果があるものを添加すればよいのです。
多くの、ストラバイト結石対策のフードに良く見られるパターンがこれです。


具体的には、クランベリーやDL-メチオニンの添加です。
まぁ、クランベリーは何も文句がないのでおいておきますw
問題はDL-メチオニンです。

メチオニンは何かというと、必須アミノ酸のひとつで、肉類に多く含まれていたりするものです。

これを、化学工業的に製造したものがDL-メチオニンです。
石油由来の成分から作られているとかいないとか。


特にストルバイトになりやすい?猫のフードなんかにはよく添加されています。
ロイヤルカナンもDL-メチオニン・タブとして販売しているほどです。


犬でも、DL-メチオニンを添加しているフードも多いです。
なぜ、これを添加するかというと、尿phの弱酸性化(調整)が目的。
肉メインフードであればそんなのいらないのにと思うけどね。

逆に考えると、DL-メチオニンが添加されているということは、
肉が少ないフードということですね。


硫酸銅を使用する理由

硫酸銅については私がこだわってきた部分。
銅は必須ミネラルだけれども、それを敢えて殺菌剤などでも使われる硫酸銅で供給しなくても
吸収率も高いといわれるキレート銅で供給すればいいじゃないか
普通の人はそんなどうでもいいじゃないかと思うと思われるところに気を使ってるんだから、
普通の人が気にする主原料や安全性なんかも当然気を遣ったフードであろう と思っていました。

そして、そういった硫酸銅を使用していないフードを集めてみると
結果的に「私が良さそうに見えるフードしか残らなかった」ので、
フードの選択基準に硫酸銅不使用があるわけなんですね。

「私が良さそうに見えるフード」とは、
私の頭の中には肉を十分に使用しているフード・高蛋白なフード というのがあったつまり、
”結果的”に肉を十分に使っているフードがニアリーイコールで選択されていたわけです。

ところが、少し頭を傾けたのが先般の私の記事で
硫酸銅もキレート銅もさほど値段も変わらないということが分かった。
値段がそれほど変わらないのになぜキレート剤ばかりにならないんだ?

とあるフードの説明には、
硫酸化合物とキレート剤を併用するのは処理する機関(臓器)が違うので負担を分担するからだとも言っているところもあり
この説もなるほどとも思っていた。

だが、某掲示板で見た中にfmfmと思う書き込みがあった。
尿のphをコントロールするためにミネラルで調整している とのこと。
尿のphというのは結石の要因のひとつでもありコントロールできるならした方がよいもの。
結石にもいろいろな種類があり、弱酸性だから良いとか弱アルカリだからよいというわけでもないのですが、
そのフードのCa、P、Mgのバランスによっては適正な尿ph値があるのかもしれない

さてさて、硫酸銅と何が関係するのかというと硫酸銅は弱酸性です。
植物性のものを食べると尿は弱アルカリ、動物性のものを食べると弱酸性(たんぱく質の量による?)
要は、肉が多ければ尿は弱酸性になるのですが肉が少ないと尿は弱アルカリ。
マグネシウムを多く含むのは主に穀物で植物性だから、
穀物フードで肉が少ないとリン酸マグネシウム結石になりやすくなるんですね。
リン酸マグネシウム結石は尿が弱酸性なら溶けてしまうんです。
尿を弱酸性にするために、弱酸性である硫酸銅など入れる・・・? とのこと。

あれだけの微量で尿phに影響を及ぼすのかどうか知らないけど合点はいかないことはない。
そうすると、「私が良さそうに見えるフード」に硫酸銅が使われていない理由も納得できないこともない。
肉を十分に使用しているフード・高蛋白なフードは尿phは弱酸性だろうからそれ以上に賛成に傾ける必要はないし、
傾けない方がよいということにもなるので、硫酸銅は使えない。
穀物フードはコストカットのために肉を入れない代わりに硫酸銅を使わざるを得ない

ということか???


疑問も残るが、こういうこと?

ブルー中止ティンバー再開

ブルーウィルダネス販売中止(輸入中止)
ティンバーウルフ販売再開(輸入再開)(来年1月ごろ?)
いずれも、輸入元はフロントベルです。

ブルーの輸入中止は残念ですが、ティンバーの輸入再開はいいですね
以前に、輸入が安定しない(在庫が安定しない、袋切れなど)ということで困っていたようですが、
その辺解決しないまま、唸りながらの選択の様子。

リパックをしないと、どうしてもそうなるんですよね。
販売も増えて安定するとだいぶ良くなるのですが、リパックしないことのデメリットの一つです。
リパックあるブランドだと、在庫切れとかのリスクは減ります。

ティンバー楽しみです。
かつて一世風靡した?フードでしょうか、先駆け的プレミアム(ナチュラル系)

以前と仕様や成分も変わっております。
興味あるフードばかりです
フロントベルさん、以前のような素晴らしい値段でお願いします。

以前は
1.8kg 2,835円
という素晴らしい値段で素晴らしいフードでした。
物流管理コストを見事に抑えた輸入元です。
YKも頑張っていますが、フロントベルもすごかった。
でも、ブルーウィルダネスは、少し色気出した値段だったよ・・・・orz

どうか、お願いします。以前ぐらいの値段でやってくれたら、一生懸命褒めさせていただきます。

ドッグフードのみokと思う

掲示板でみた。
「ドッグフード以外は与えないようにしています。
 って違うんじゃない?
 精神的な健康も重視すべき
 犬には娯楽も少ないんだからなおさら。」


でした。
いろいろな意見があると思います。
私はこれに該当しています。

ドッグフード以外が全く0かというとそうでもないですが、
基本方針はそうです。

料理して肉が余ろうが、手巻き寿司して刺身が余ろうが人間が食べれなければ捨てることになります。
(まぁ、もったいないので食べますが)


楽しむことっていろいろあると思うんですね。
犬の場合は、確かに食欲のウェイトは大きいかもしれない。
でも、それは、必ずしもグルメの域に達することが必要ではないと思います。

人間だって、人により家庭により、食生活の差はあります。
だけども、
貧乏な家庭で質素な家庭であれば、当然ブルジョア家庭で娯楽の質も食事の質違うでしょう。
だけど、幸せという観点で見て差があるとは思いません。
それぞれの生活レベルの中で幸せは十分感じることができます。
(悪環境の場合は別ですが)
差は生き方の問題であり、食事の質が上か下か、娯楽の質が上か下かでは左右されません。


ストレスとは、自分が望むものと現状とのギャップによって生じるものです。
望むものが高いのに、それが得られない場合はストレスになる。
だけども、高いレベルのものを知らなければそもそも望みません。

人であればお金が簡単。
人間は頭が良いから金の限界は見えているので、その範囲内で生きていきますが、
幸せは金が全てではないですよね

犬は人間から与えられるものの中で生きていく。
与えられないものは知らない。
貧乏な家庭がブルジョアの生活を知らないのと同じ。

そりゃ、嗜好性の高いものを食べたときは喜ぶ姿を簡単に見ることができます。

でも、一度それを味わってしまったら、一度それを知ってしまったらどうでしょうか?
自由に手に入らなくなったときに、望むものと現状のギャップを認識し
それがストレスを生み出します。
例えば1食20,000円とかの和牛肉店で食べられないとストレス溜まりますか?
私はそんなの食べたことないし知らないからストレス溜まりません。
子供のころからそんなところで日常的に食していた子供が、
急に食べられなくなりオージービー牛かもらえなくなったとき、言葉での説明なしにストレス与えることなく納得させられますか?
 

知ることでストレスが発生するのです。


犬がおいしいおやつばかりを要求し、ご飯を食べなくなったり、
犬が、生肉を食べられたり食べられなかったり、
飼い主の家計が厳しくなり、ドッグフードしか与えられなくなったり、
手作りできる環境でなくなったり、
腎臓病になって、肉をたくさん食べちゃいけないといわれたり、

そんな時、言葉の通じない犬にどう説明しますか?
理解させられますか?

そんな時、ギャップが激しいと逆に多くのストレスを与えませんか?


限られた食生活の中でも、犬は幸せになることはできると思います
嗜好性の高いものを与えずとも、喜ぶ姿はいっぱい見ることできると思います。


って、以前も書いたか。


ペットフードの検査・分析

ここまでする人がいるかどうか知りませんが、一応情報提供まで。

私は、販売店やメーカーにも問い合わせたことないし、恐らくお世話になることはないと思います。

一般財団法人食品分析開発センターSUNATEC
ttp://www.mac.or.jp/analysis/pet_food/index.htm

個人で行うには結構高いお値段です。

色々なセットがあって、

成分分析
有害物質分析

など、十分細かい分析依頼が可能みたいです。
もちろんBHA,BHT,エトキシキンや、菌などの検査も可能です。

ブログ内検索

リンク

管理人が太郎を迎え入れてから1年ちょい その間に書き上げた400件弱の主にドッグフードの記事。旧ブログです
マイナーのブログであり続けるために 晒さないようお願いします。

カテゴリー

最新コメント

[07/23 ゆず]
[06/25 Q]
[05/30 おやつぬき]
[05/29 おやつぬき]
[05/28 ちわわん]

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
おやつ抜き?
性別:
男性
自己紹介:
過去ブログあります。
「わしOちOしの裏」
ドッグフードについてくどくど語ってます。
ボリューム(記事)は非常に多いと思います。

バーコード

AD

PR
<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- ブツブツと叫ぶのだ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]