忍者ブログ

ブツブツと叫ぶのだ

ワンコの太郎と嫁1娘1と暮らすお父さん。 ひっそりと叫びたいので、晒しはご勘弁。 誰にも見られていないからこそ叫ぶことができるんだ。 ドッグフードについてくどくど語るも、モラルと知識に欠ける筆者。 てきとーな知識で語ってますので、まずは、記事に疑問を持って調べてみましょう。 ブログなので仕様変更による過去記事の修正は原則行っていません。当初と意見が変わったなんてこともありますので宜しくです。

   
カテゴリー「ドッグフード」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


オリジン フリーズドライ発売予定らしい

オリジンからフリーズドライのドッグフードとトリーツが発売されるそうです。

恐ろしい値段になりそうですが、ものすごく良いものと思います。


オリジン フリーズドライフード
アダルト ドッグ
<保証分析値>(フリーズドライ値)
粗タンパク質…44%以上
粗脂肪…38%以上
粗繊維…4%以下
水分…2%以下
カルシウム/リン…1.3%/1%以上
オメガ6/オメガ3…5.5%/1.5%以上
DHA/EPA…0.3%/0.3%

炭水化物は5~6%ぐらいか???
 

他に、6フィッシュ、レジオナルレッド、ツンドラがあり、全部で4種類


ものすごいね
脂質が高く、カロリーは確実に高いので食いしん坊には大変かも。


加工食(保存食)のドライフードや缶詰とは、価値が違うと思います。
価格も高いと思いますがw

でも、どんなドライフードよりも、蛋白質の質は高いと思うので、
ドライフードはあくまでも炭水化物源と割り切り、蛋白質はこれに頼るのもいいかもしれません。
他のドライフードと組み合わせるなら、
低脂質低蛋白のものと相性がよいかもしれません。
でも、グルテン(植物性蛋白質)が入っているのはやっぱり避けたい。
もしかしたら、国産の低脂質低蛋白のいわゆる新興国産穀物フードなんかとの相性が良くなってくるかも。


お金かけれる人だけど、手作りの手間や能力・時間がない人は、
Dr.ハービーやオネストキッチンあたりとオリジンフリーズドライの組み合わせなど
ブルジョアな簡単フードかもしれません。


また、手作りの問題の 肉の日々の調達 と 栄養バランス の問題がこのフリーズドライにより大部分良い方向に行く。
手作りやトッピングにある嗜好性のギャップ(我侭の形成)の問題も、
メインのものの嗜好性が安定するので食毎の嗜好性にギャップが生じにくく、
わがままも増えすぎないで済むような気がする。

手間もそれほどかからず、生食ができそうです。

 


まぁ、うちは、経済的な面で無理だと思いますが。


猫草犬草(えん麦)育ててやってみた

うちの太郎君。

公園に行くとサラダバー状態。
除草剤とか使っている様子もない公園なので、糞や落し物以外は自由にさせています。

よく食べるようなので、売っている猫草を買ってもよかったのすが、
高い感じがしたので、土と種買って育てて与えてみた。


犬と猫が好きな草のタネ 200g 237円
種:エン麦(アメリカ産)

を買いました。

 


その結果・・・


見事に食い荒らし、おイタをしてくれました。

 

今は隠して、摘み取りフードに混ぜてあげています。

とてもじゃないけど、床に鉢ごとおいておいたら掃除の手間が耐えられない orz


グレインフリーとおなら

ドライフードって例えば、
蛋白質が20%なら炭水化物は50%程度
蛋白質が30%なら炭水化物は35%程度
蛋白質が40%なら炭水化物は25%程度
大体こんなもん。
(脂質や繊維で当然変わります。低蛋白質品は脂質が低いため炭水化物割増)

蛋白質が増えれば炭水化物が減るだけなんです。

今日は、その炭水化物源の話。


炭水化物といえば、穀物や野菜
重量構成で行くと、米、麦、コーン、豆、ポテトなんかが大きい。

穀物は、米・麦・コーン
野菜は、豆・ポテト


さて、このブログでも、低GIとかいう単語がでていました。
これは、消化がゆっくりなため、ブドウ糖が一気に作られず、血糖値が安定するというメリットがあります。
デメリットというか、言い方変えれば、消化が悪いということです。

売りたい人は低GIで血糖値が安定すると言いますが、
副作用(悪い面)でいうと、
消化が悪いため腸に炭水化物が流れ込み、腸でガスを発生します。
これは、繊維も同様です。
いわゆる鼓腸症ですね。
鼓腸は胃や腸の過剰なガスの形成により発生します。

犬の話でも、大豆が要因とされ、鼓腸症の問題はよく言われている。
豆類については、ガスを発生しやすい様子。

他には、イモ類サツマイモも低GIなんでしょうかね?
イモサツマイモを食べるとおならが出るとかありませんでしたか?
まさしくガスの発生です。
ジャガイモは高GIのようです。


だからといって、豆やポテトが悪いというとそうでもなく、低GIという言葉にあるように良い面もある。

何が悪いかというと、極端に摂り過ぎる事が悪いのだと思う。


日本人は高GIな米などを良く食べるので、
低GIな大豆などは健康的な食品になるのです。
だけど、豆ばっかり食べている人にとっては、必ずしもそうではないと思うんですね。
SOYJOYなんかいかにも健康食品って営業していますが、
胃腸の弱い人や、普段から、バランスよく食べている人には大きなお世話なんです。


話は戻り、ドッグフードの大豆の話。
こうして、大豆は悪者にされました。
ちょっと入っているだけで粗悪フード扱い。
(大豆蛋白や、大豆副産物なんかは悪いと思いますが)
それが、他の豆、エンドウマメ、ヒヨコマメになってしまえば、
似たようなものでも、批判されることなど一切ない。
これは、ちょっとおかしいと思う。

 

そして、冒頭の話に戻る。
昔のドッグフードは、炭水化物が45%程度は入っていました。
その構成は、コーン、小麦、大豆。
低GIの割合はどれほどでしょう?

グレインフリーが流行っている今、
低GIの割合はどれほどでしょう?
ポテトも豆も低GIです。
そうですよね、高GIが悪いとされて穀物を除外したんだから、
残るものは低GIのものばかりです。
グレインフリーに良く使われるジャガイモは高GIのようです。


昔の大豆の割合(摂取量)と、今の低GI原料の割合(摂取量)はどれほど違うんでしょう?
グレインフリーは≒高蛋白の傾向があるので、
炭水化物自体の割合が少ないので、そういった観点からは、
低GI品の重量は同じぐらいだからといっても、
グレインフリーは炭水化物自体が少ないので、未消化炭水化物が腸にまで流れていきガスが発生する量は少ないかもしれません。
それでも、低GIは副作用としてガスの発生はありますので、
単純にグレインフリーだから無条件に万歳でもないと思います。
高GIから低GIまで、満遍なく入っていた方が良いような気がします。

尚、ガスの発生源としては炭水化物だけでなく、蛋白質もガスの発生源です。
蛋白質から発生するガスのほうが、においが臭いおならそのものらしいです。


でも、低~中蛋白のグレインフリーだとどうでしょうか?
35%の豆やポテトです。更には、最近は45%ぐらいのものも。
低GIの摂取量は増えますね。
ポテトを使用していると、高GIのものには変わりません


うちは、今、グレイン品とノングレイン品をブレンドして低GIばかりにならないようになっています(いろいろな穀物が混ざるように)が、


とりあえずは、おならは気がつかないかなぁ。

おならが多いな?と感じたら思い出してみてください。

ちなみに、
肉が腸内で醗酵すると臭うガスらしい。
炭水化物が腸内で醗酵しても臭わないガスらしい。
特に後者は気がつきにくいので注意が必要かも
 

気にしておいても損はないと思います。


ちと、じゃがいもが低GIだと間違えて書き上げた記事なので、文脈というか意図がおかしくなっていますが、
修正や追記は一応入れてあります。


フードを変えただけで毛量が増える?

フード変えたら毛量が増えたとか毛艶が良くなったとかよく聞きますね。

どのフードからどのフードに変えたのか興味があるところなんですが、
実際そういう感想を聞くということはそうなんだと思います。


どういう状態かというと
それまで与えていたフードでは栄養素が不足していたんでしょうね
もしくは、摂取していたけど、消化吸収できていない(有効利用できていない)んでしょう。
aafcoの栄養基準を満たしているものであれば、最低限の栄養をは含まれており
蛋白質何%、脂質何%、ビタミン・・・と含有率は満たしていても
有効利用率までは定められていないし
犬個体によってそれもまちまち
与えていたとしても、身になるかどうかは別問題


だから、栄養のあるフードに変更して栄養が身に満たされたときに毛量が増えたり毛艶がよくなるんかな


特に、換毛期については、普段より多くの栄養が必要
2割ぐらい多くの蛋白質が必要だという記述もあります

こんな時期、aafcoの基準を満たしているからといって
十分な蛋白質を吸収できているかというと確実ではないと思う。

蛋白質22%のフードといっても、
それがコーングルテンだったり、大豆蛋白で構成された蛋白質であったら
十分に消化吸収できているといえるでしょうか?
有効利用できている蛋白質がその7割程度であれば、15%ほどの蛋白質の価値しかない。


動物性蛋白質メインのフードに変えたら、有効蛋白質(アミノ酸)は増加するんじゃないでしょうかね?


また、それは筋肉量についても同じ。
普段蛋白質が足りていなければ、運動量を変えずともフード変えただけで筋肉が増えることもあるんじゃないでしょうかね?


新ティンバーウルフ

ブルーウィルダネスの海外展開中止により、フロントベルブルー販売停止
そして、輸入不安定により販売中止していたティンバーウルフが復活し、再販売H25年1月予定

従来のティンバーウルフは、本国でもグレインフリーに使用を変更しているので
当然日本に輸入されるものもグレインフリー

もともとティンバー社は穀物にもこだわりを持っていたし、
原材料に対する意識は高い。

私も見る限り、トップレベルのフードだと思います。

輸入が決まっている様子の4種類のティンバーウルフを紹介します。
原材料は、興味ある人は本国で見てください。
なかなか魅せてくれます。

脂質が高いのでカロリーは高めです、給与量は減らしましょう
給与量減らすということは、内臓の負担もそれだけ減るということです。
低カロリーのものをたくさん食べるより、内臓には優しいと思います。

原材料比率は
動物性:野菜:穀物=80:20:0
です。
これは、オリジンやEVOと同じぐらいですね。
それでも、蛋白質がオリジンやEVOより低いです。
何を意味するかというと、生肉比率が高いから投入する原材料の構成比は高くなるんです。
でも、水分含んだものなので、ドライフードにすると蛋白質比率はそこまで高くならないんです。
ok?
動物性原材料の高品質を意味します。


あとは、値段お願いします。本国でも決して安いフードではありませんが
フロントベルさん、以前のように頑張ってください。
良心的価格というか、他の輸入元のようなボッタクリ価格でなければ、また、宣伝させて頂きますよ

Black Forest
Size 3 lbs
Regular Price $10.11

Crude Protein min. 30%
Crude Fat min. 16%
Crude Fiber max. 5%
Moisture max. 9%
Calcium 1.4%
Phosphorous 1.1%
353kcal/100g


Lamb & Apples
Size 3 lbs
Regular Price $10.11

Crude Protein min. 34%
Crude Fat min. 18%
Crude Fiber max. 3%
Moisture max. 9%
Calcium 1.75%
Phosphorous 0.9%
367.5kcal/100g


Ocean Blue
Size 3 lbs
Regular Price $10.89

Crude Protein min. 34%
Crude Fat min. 16%
Crude Fiber max. 3%
Moisture max. 9%
Calcium 1.75%
Phosphorous 0.9%
367.5kcal/100g

 


Wilderness Elk

Size 3 lbs
Regular Price $10.11

Crude Protein min. 34%
Crude Fat min. 16%
Crude Fiber max. 3%
Moisture max. 9%
Calcium 1.75%
Phosphorous 1.2%
368kcal/100g


ブログ内検索

リンク

管理人が太郎を迎え入れてから1年ちょい その間に書き上げた400件弱の主にドッグフードの記事。旧ブログです
マイナーのブログであり続けるために 晒さないようお願いします。

最新コメント

[07/23 ゆず]
[06/25 Q]
[05/30 おやつぬき]
[05/29 おやつぬき]
[05/28 ちわわん]

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
おやつ抜き?
性別:
男性
自己紹介:
過去ブログあります。
「わしOちOしの裏」
ドッグフードについてくどくど語ってます。
ボリューム(記事)は非常に多いと思います。

バーコード

AD

PR
<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- ブツブツと叫ぶのだ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]