忍者ブログ

ブツブツと叫ぶのだ

ワンコの太郎と嫁1娘1と暮らすお父さん。 ひっそりと叫びたいので、晒しはご勘弁。 誰にも見られていないからこそ叫ぶことができるんだ。 ドッグフードについてくどくど語るも、モラルと知識に欠ける筆者。 てきとーな知識で語ってますので、まずは、記事に疑問を持って調べてみましょう。 ブログなので仕様変更による過去記事の修正は原則行っていません。当初と意見が変わったなんてこともありますので宜しくです。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


人間の食べ物を犬に与えること

掲示板とか見ててよくある質問
「人間の食べ物を犬に与えても良いですか?」

この質問に一言で答えるのは難しい。
良い部分と悪い部分があるから・・・。

ここは、人間用の料理と人間用の食材で分けて考えたい。

 

さて、わしは人間用の食材も料理も太郎には一度も与えたことがない。
でも、与えちゃいけないなんて思ったことは一度もない。
おいしいだろうし、より健康的な食事になるだろうと思う。
ドッグフードがベストだなんて思ったこともない。
むしろ手作り食がベスト

でも、人間用食材、人間用料理、手作り食は与えない。
その理由は、

1.生涯継続的に用意してやることができる自信がない
2.病犬になったとき、療法食用ドッグフードでなく病犬用手作り食を用意してやる自身がない。

の2点かな。

1.については、何度も書いてきたけど、嗜好性の問題
いざ、手作りが出来なくなった時に、犬はドライフードを拒絶する可能性が高い。
いざ手作りが出来なくなった時というのは、
わしは働いているので、必ず女房の助けがいる
わしが単身赴任になったとき、家族にそれを強要することになる。
経済的な問題が発生したとき。
そんな時、例えば、昼ごはんは女房が用意する。
忙しくドライフードで済まそうと思っても、犬はご主人が忙しいからなんて理由は分からない。ドライフードより手作りのほうが良いので、ドライフードなんか拒絶する。
言葉で太郎を説得なんて無理
単身赴任になったときなんて、完全に女房任せ。

よって、1.の自信がないなら、手作りはやめた方がよいと思っている
思うように手作りを食べられない太郎は逆にストレスをためてかわいそうだと思う。


2.については、病犬になったら療法食(ドライ)ってパターンが殆どの日本。
獣医に従うしか殆ど手立てがない。
ベストは間違いなく、病犬用手作り食。人間で言えば病院で用意してくれる病院食みたいなの。
だけど、病犬用手作り食を作るのは情報も少なくかなりリスキー。
いざとなったとき療法食ドッグフードを、病気で苦しんでいる太郎に手作り食から移行することを強要できるのか?
それこそ、病気のときにストレスで追い討ちするんじゃないか?

こんな感じ。

 

 

 

で、冒頭の
「人間の食べ物を犬に与えても良いですか?」

については、人間用の食材はベストである。どんなドライフードもかなわない。
但し、たまねぎなど犬が食べてはいけない食材もあるのでそこは知識を得て対応するのは大前提。

人間用の料理は与えてはいけません。
必要な栄養素が違います。
だけど、人間用の食材を使用した犬用料理はベスト。

 

手作り食をするなら、1.や2.の覚悟というか思いは必要だと思っている。
「ドライフードを食べてくれません。トッピングは食べます。おやつも食べます」
なんて悩むような人ならやめた方がいい。
そもそも、そんなことぐらいで悩む程度の人なら今後対応できない。
犬が喜ぶからとか犬は手作りのほうが幸せだからあげちゃったなんてこと自体が、
中途半端で、自分勝手(人間勝手)な犬の幸せだと思う。

 


「ドライフードを食べてくれません。どうしたらよいですか?」

(こんな人はほぼ必ず、ドライフードよりおいしいものをいっぱいあげています。おやつや人間の食べるものを。
 ドライフード以外あげたことがないのにドライフードを食べない犬は聞いたこともないし、
 そんな相談事見たことがない)
そんな人には、こう答えると思います。

「なら、ドライフードあげなきゃいい。一生手作りで対応すれば何も問題ない。
 それが出来ないなら、そんなことで悩むぐらいなら、もう二度と、人間用の食事は与えないでください」


「でも、手作りだけだと栄養バランスが・・・」

なんて、言われたらこう答えます。

「犬用料理を勉強してください
 勉強が出来ないなら手作りはあきらめ、ドライフードだけにしてください」
 併用は今の貴方には無理です」


きついようですが、私の思いはこんな感じ。

完全手作りをされている方は、それなりの知識と思いでやっていると思います。
すごいと思います。
それなりの知識というのも、本当にそれなりで十分と思っています。
私にはそれすら出来ていません。


手作りだからといってaafcoの定める栄養基準をみっちり守る必要なんかないと思っています。
ある程度の人間と犬の 生物と食性の違いを理解すれば、何とかなるし、
総合栄養食よりよっぽど健康的だと思います。
生き物ってそれなりにすごいと思います。
結構柔軟に対応すると思います。

日本人が外国に行って一時的に食事で体調崩すことあると思いますが、
長期滞在すれば、対応することが殆どです。
それは、食事の種類、スパイスの違い、料理法、摂取栄養素の違いなども含めてです。




あ、何でも文句言わずにおいしそうに食べてくれる犬?
これは、何も問題ありません。ドライフードでも、手作りでもバランス考え自由に与えればよいと思います。
嫌味とか何にもなく、好き嫌いのない犬でよかったと思います。
犬が食生活にストレスなく健康に生きてもらえることが目的ですからね。


COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

何でも文句言わずにおいしそうに食べる犬、えぇ。うちがそうです。
でも、いずれ老齢犬になった時にすご~く考えることはいっぱい。あのフードだけは・・って思っていても、療養食がそれしかないと思うと・・・。ちょっと不安。どうかできるだけ健康でありますようにと願わずにはいられません。

Re

健康で食べ物の選択肢がいろいろある中だったらあのフードは・・・と思うけど、
病気になっちゃったら、仕方ないんですかねー

ブログ内検索

リンク

管理人が太郎を迎え入れてから1年ちょい その間に書き上げた400件弱の主にドッグフードの記事。旧ブログです
マイナーのブログであり続けるために 晒さないようお願いします。

最新コメント

[07/23 ゆず]
[06/25 Q]
[05/30 おやつぬき]
[05/29 おやつぬき]
[05/28 ちわわん]

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
おやつ抜き?
性別:
男性
自己紹介:
過去ブログあります。
「わしOちOしの裏」
ドッグフードについてくどくど語ってます。
ボリューム(記事)は非常に多いと思います。

バーコード

AD

PR
<<情報早いし正確そうだ  | HOME |  なんとかフリー>>
Copyright ©  -- ブツブツと叫ぶのだ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]