忍者ブログ

ブツブツと叫ぶのだ

ワンコの太郎と嫁1娘1と暮らすお父さん。 ひっそりと叫びたいので、晒しはご勘弁。 誰にも見られていないからこそ叫ぶことができるんだ。 ドッグフードについてくどくど語るも、モラルと知識に欠ける筆者。 てきとーな知識で語ってますので、まずは、記事に疑問を持って調べてみましょう。 ブログなので仕様変更による過去記事の修正は原則行っていません。当初と意見が変わったなんてこともありますので宜しくです。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


勘違いさせられるもの(4)

たぶん、この記事であっていると思っているんですが・・・

こうだ と認識して購入した方が良いと思います。

だってさ、骨って副産物だよね?
カルシウムが1%もあってカルシウム添加物も入っていないのに、骨が入っていないわけ無いじゃんね?
皆さんが描く副産物の定義って何でしょうか





「副産物は入っておりません」
no by-productを日本語にすると副産物なしですが、
by-productはお肉を取り除いた後のいわゆる副産物の寄せ集めた原材料のことを指します。
足や内臓やくちばしなどの部位を指して副産物というのではありません。
食品にならなかった部分の寄せ集めのことです。
「食品にならなかった残飯の寄せ集め(by-product)」という"材料"を使っていませんというだけです。
no by-productは「残飯は入っておりません」と和訳するのが適当だと思います。
決して「不可食部が入っていない」ということではありません。


鶏を頭から骨から爪の先まで丸ごと原材料として入れるとその原材料名は、chickenです。そしてそれはno by-productで日本語だと副産物無しです。
chiken meat と書いてあったらそれは正肉です。
鶏(chiken)からお肉(chiken meat)を取り除いた後に残ったものを副産物(by-product)と呼んでいるはずです。
chiken meat+by-product=chiken だと思います。
no by-productは足や、内臓やくちばし部分が入っていないということを示しません。
 

副産物無しと書いてあっても、お肉だけなのかは本当に怪しいです。
no by-productを拡大解釈し、足やくちばしも入っていないと和訳していないか注意してみて下さい。
本国のサイトを見て下さい。きっとno by-productと書いてあるだけのことが多いと思います


例えば、(英語も苦手なんですが)
Only edible Parts(可食部のみ)
とは全然意味が違うんです。

輸入品にのみ見られる単純な直訳が生んだ罠です。


国産品なんかでは、あまりこういう副産物無しという表現は見られないです。
no by-productを和訳することないですからね。
中には、「胸肉」とか「ささみ」と表現しているところもありますが、これはまさに正肉でしょう。

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

リンク

管理人が太郎を迎え入れてから1年ちょい その間に書き上げた400件弱の主にドッグフードの記事。旧ブログです
マイナーのブログであり続けるために 晒さないようお願いします。

最新コメント

[07/23 ゆず]
[06/25 Q]
[05/30 おやつぬき]
[05/29 おやつぬき]
[05/28 ちわわん]

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
おやつ抜き?
性別:
男性
自己紹介:
過去ブログあります。
「わしOちOしの裏」
ドッグフードについてくどくど語ってます。
ボリューム(記事)は非常に多いと思います。

バーコード

AD

PR
<<勘違いさせられるもの(5)  | HOME |  勘違いさせられるもの(3)>>
Copyright ©  -- ブツブツと叫ぶのだ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]