忍者ブログ

ブツブツと叫ぶのだ

ワンコの太郎と嫁1娘1と暮らすお父さん。 ひっそりと叫びたいので、晒しはご勘弁。 誰にも見られていないからこそ叫ぶことができるんだ。 ドッグフードについてくどくど語るも、モラルと知識に欠ける筆者。 てきとーな知識で語ってますので、まずは、記事に疑問を持って調べてみましょう。 ブログなので仕様変更による過去記事の修正は原則行っていません。当初と意見が変わったなんてこともありますので宜しくです。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


太郎のシャンプー

読者さんよりコメントで少し話が出ましたので、太郎のお風呂のお話を・・・。

そんなに大したネタはないんですが・・・。


ちなみに、温度は測った事無いですが、ツマミは42度ですw
笑っちゃいけないかもですか、結構熱めだと思います。
なお、42度設定で入れたお湯だと、娘は暑いといって入らない熱さです。

たぶん熱すぎです

適正は38度前後??だった?


だけどそれでも熱めで入れているのは、
太郎が嫌がっていないなら大丈夫。という判断

犬は体温調節は、口ですよね。暑いときはハーハーします。
お湯が熱くて体温上昇で問題なら、息の仕方見れば分かる。
長い時間つけていたことあるけど、ハーハーします。
後、42度で、低温火傷?ってあるのかな?
皮膚が薄いので、人間よりも~~ってのがあるのかもしれないけど、
火傷するのは、皮膚だし、厚さ関係ないと思う。
そもそも、犬は体温38度前後で、人間より2度ほど高い
犬が感じる体感温度は温度差が少ないため、人間が感じる体感温度よりぬるいはずだ。
そして、毛で覆われているため、熱を断熱しやすいため、
肌が露出している人間と違って、熱さがすぐに伝わるわけではない。

てな理由で、別に42度ぐらい全然大丈夫でしょって感じで。
犬が嫌がらないなら、
逆に風邪引かない、体が冷えにくくするため、少し高めの方が良い気はする。
人間のように5分も10分も湯に浸かるなら別ですが・・・。

体温に近い38度付近の方が犬が嫌がらない(びっくりしない)可能性は高い気がするので
そう薦められている感じもする。
だって、その方が無難でしょ。
そもそも、犬が風呂を嫌いになっては困るしね。
 

今は、米びつを湯船にして入れていますが、全身濡らすために入れているだけで
1分も浸からないので、ま、いっかーって感じです。

たぶん、気持よく入っていると思います・・・
おすわりというと、ちゃんと、「ぷはぁー」と言っておすわりしますので・・・


で、洗っている時の太郎の様子ですが、
シャンプーで洗っているときは、おとなしいですよ。
肛門腺絞りもちゃんとさせてくれます。
すすぎは、湯船につけたり、シャワーを使ったりです。
首まではおとなしいですが、頭は、だめですねー。逃げます。

手でそろりそろりとかけてやるぐらいしかできないです。(スポンジが良いとは聞きますが)

しっかりすすげないので、頭はしっかり洗えないです。

なので、太郎の一番臭いところは頭です。


因みに、足のつかないところに入れると、犬かきはしますが、
犬かきがいかにもひ弱な犬かきで、怖くて手を話すことができませんでした。


COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ブログ内検索

リンク

管理人が太郎を迎え入れてから1年ちょい その間に書き上げた400件弱の主にドッグフードの記事。旧ブログです
マイナーのブログであり続けるために 晒さないようお願いします。

最新コメント

[07/23 ゆず]
[06/25 Q]
[05/30 おやつぬき]
[05/29 おやつぬき]
[05/28 ちわわん]

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
おやつ抜き?
性別:
男性
自己紹介:
過去ブログあります。
「わしOちOしの裏」
ドッグフードについてくどくど語ってます。
ボリューム(記事)は非常に多いと思います。

バーコード

AD

PR
<<PCのモニター買った  | HOME |  消臭スプレー>>
Copyright ©  -- ブツブツと叫ぶのだ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]